OutSystemsモバイル(1) バーコード・QRコード

ForgeにあるOutSystemsのスマートフォンアプリ対応機能OutSystems Nowを利用して、スマートフォンのネイティブ機能を試してみます。

今回は、バーコード・QRコードです。Nowについてはきちんとした仕様が見つからないので、試してみた結果のみで書いている点に注意してください。

シリーズ一覧:

機能

OutSystems Now内で、ScanBarcodeというWeb Blockとして実装されています。

OutSystems Now App(スマートフォンアプリ。使っているスマートフォンのアプリストアから無料でダウンロードできます)で開いているときのみ、以下の動作をします。

ButtonIdで指定したボタン(またはリンク)がクリックされたとき、スマートフォンのQRコードリーダーを起動します。

読み取りが終了するとOutSystems Now Appに戻り、結果が、InputIdで指定したInput内に設定される。

利用手順

OutSystems Nowを開発環境にインストールしていなければ、インストール。

開発するモジュールを開いて、OutSystems NowのScreen Flows/DeviceFeatures/ScanBarcodeと、Actions/IsUsingOutSystemsNowAppにチェックを入れてOKをクリック。これで開発するモジュールにモバイルのバーコードリーダー機能を組み込めるようになります。

参照を追加

こんな感じの簡単な画面を作ってバーコードリーダー機能をテストしてみます。

バーコードリーダーテスト画面

MainContentにはIfを1個だけ置いてあります。

これがそのCondition。IsUsingOutSystemsNowApp()でAppから呼ばれた時の処理と、そうでないときにAppで開いてくださいと指示する処理を分けて表示している。

IfのCondition

Condition=True(Appから表示されている。2つ上の画像で赤枠の部分)

以下の部品を配置しました。

  • Text:バーコードから読み込んだ情報
  • Input:Name=inputBarcode
  • Button:Name=btnBarcodeReader、Label=”バーコードリーダー起動”
  • ScanBarcode:ButtonId=btnBarcodeReader.Id、InputId=btnBarcodeReader.Id

ScanBarcodeは、Interfaceレイヤ→Scan Flows/OutSystemsNow/DeviceFeatures/ScanBarcodeをボタンの隣にドロップしてください。

btnBarcodeReaderをクリックするとバーコードリーダー機能を起動し、結果をinputBarcodeに設定します。

Condition=False

Text:OutSytems Now アプリ用ページです。アプリから開いていください

実行結果(Appから)

ちなみにテストはGoogle検索でバーコード、QRコードというキーワードで画像検索した結果で試して両方いけました。

バーコード取得結果

実行結果(PCから)

PCで開いた場合Barcodeは起動しない

関連情報

公式チュートリアル

ベースとなっているCordovaのBarcodeScanner

対応しているバーコード形式の記載があるので、この機能を使うときは見ておいた方がいいでしょう。Android/iOSでサポート範囲が違うようですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする